Docker Desktop for Windowsが使えるようになった

こんにちは、Яeiです。

今回は現役エンジニアである私がDocker Desktop for Windowsについて、インストール方法をシェアさせて頂きます。

今まではWindows 10 Homeでは(多分)使えなかったので仕方なくDocker ToolboxでDockerのお試しをおこなってきました。

しかし、どうやら2020年5月のWindows10のバージョンアップを皮切りに、

Windows Subsystem for Linux 2(WSL2)が正式サポートされたため、Windows 10 HomeでもDocker Desktopが利用可能となったようです。

今回はそんなDocker Desktop for Windowsのインストール方法とハマったエラーについてシェアさせて頂きます。

スポンサーリンク

注意点

ToolBoxを利用していたユーザは注意

まず、今までToolBoxを利用していた人はアンインストールする必要があります。

もちろん、アンインストールする必要まではありませんが、設定される環境変数が悪さをして期待通りに動いてくれないことがあります。

本来powershellにてdocker psなどのdockerコマンドをたたけば結果が返ってくるのですが、

ToolBoxが設定するであろう環境変数が設定されているとどうやらエラーになるようです。

An error occurred trying to connect: Get https://127.0.0.1:2376/v1.XX/containers/json: dial tcp 127.0.0.1:2376: connectex: A conn ection attempt failed because the connected party did not properly respond after a period of time, or established connection failed because connected host has failed to respond.

一応、アンインストールせずとも「DOCKER_XXXX」となってる環境変数をすべて削除すれば解決したとの報告もありました。

参考 Docker for Windows (Hyper-V) を試してみたよQiita

とはいえ、ToolBoxなどはもはや不要となりますのでアンインストールしてしまっても良いと思います。

(最悪、再度入れなおせばよいので)

商用利用に該当する場合も注意

今までフリーで公開されていたDocker Desktopですが、

一部有償化となりました。

参考 Docker is Updating and Extending Our Product Subscriptionsdocker blog

個人利用の場合やスモールビジネスの場合は引き続き無償で利用可能とのことです。

(従業員数250名未満かつ年間売上高1000万ドル未満)

これ、結構大打撃を受ける企業も多いような気がしますがどうなのでしょう。。

一応、色々な記事でpodmanとかの代替手段は議論されておりますが、現状ぱっとした代替手段は見受けられませんでした。

インストール

以下からDocker Desktop Installer.exeをDownloadする。

https://www.docker.com/products/docker-desktop

あとはダウンロードしたファイルをダブルクリックして、インストーラを起動し、

デフォルト設定のままインストールしていきます。

インストール後に以下のような画面が出てきたら、リンク先に従ってWSL2のkernelをバージョンアップして下さい。

基本的にはこれだけでDocker Desktop for Windowsが使えるようになります。

今まではHyper-Vを有効にしたり・・・といった手順を追っていたかもしれませんが、インストーラが全てやってくれるようです。

スポンサーリンク

動作確認

それではDocker Desktop for Windowsを起動しましょう。

(もしかしたら再起動後に自動起動しているかもしれません)

そして、powershellを起動しましょう。

powershellにて以下のコマンドでイメージをダウンロードしましょう。

docker pull hello-world:latest

そして、ダウンロードが完了したら以下のコマンドでコンテナ作成・実行しましょう。

docker container run --rm hello-world:latest

ここまでできれば挙動確認は完了となります。

この時点でエラーになっている場合は、冒頭で説明した通り、余計な環境変数が設定されていないか確認してみて下さい。

当記事は以上となります。

去年にはWindows10 HomeでDocker Desktop for Windowsが使えるようになっていたり、

一部有償化されていたりと相変わらず新しい分野は情報の移り変わりが激しいですね。。。

私自身、Docker Desktopが使えるようになったのでこれからお試しがはかどりそうな気がしております。

長々とお疲れさまでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA